女性用・男性用の育毛剤の違いって?特徴や選ぶ際の注意点とは!?

女性用・男性用の育毛剤の違いや特徴は?

育毛剤は、大きく分けると男性用と女性用の商品があります。

なぜ2種類に分かれているのでしょうか?また中身はどう違うのでしょうか?

男性用と女性用の違いは、ザックリ挙げると以下の3つです!

☆育毛剤に含まれている成分

☆男女それぞれの使用目的

☆成分の強さ(濃度)

 

以下、詳しく見ていきましょう。

 

長春毛精

女性用育毛剤は、無添加の商品が多く肌に優しい

女性用の育毛剤の特徴として挙げられるのが【無添加のものが多い】という点。

男性に比べて女性は肌がデリケート。中には季節に限らず年中肌のトラブルに悩まされてるなんて人も。

そのようなこともあり、女性用の育毛剤には刺激の強い添加物が使われていないものが多いんです。

また、頭皮だけでなく髪の毛のダメージを補修するという目的でスカルプケア&ヘアケアを同時に行うことができる一石二鳥な商品も多い傾向にあります。

『髪は女の命』と言われているように、女性にとって髪の毛は命のように大切なもの。

女性用育毛剤は、低刺激なだけでなく髪全体に栄養を与えてくれる成分が多く含まれているため、根本的な部分からしっかりケアできるのが嬉しいですよね。

 

男性用育毛剤は、男性ホルモンに働きかける成分が多め

次に男性用育毛剤の大きな特徴として挙げられるのが、男性ホルモンに合わせた成分を含むものが多いこと。

例えば、フィナステリドという成分。

これは、多くの男性育毛剤に含まれているもので、男性ホルモンに含まれるテストロゲンという物質(抜け毛・切れ毛の原因となるもの)に働きかける役割を持っているため、女性には不向きといえます。

男性育毛剤は、主に毛母細胞への栄養補給&頭皮の状態を正常化へと促す成分が多く含まれており、スカルプケアを中心に行えるものがほとんどです。

 

女性が男性用の育毛剤を使用する際の注意点

基本的には、女性は女性用の育毛剤を使うのがベターです。

ただし、旦那さんと兼用で男性用の育毛剤を使う人もいるかもしれません。

女性が男性用の育毛剤を使うのは、絶対にNGというわけではありませんが、いくつか注意したいポイントがあります。

特に以下の症状に当てはまる人は要注意です!

痒み、赤み、かぶれなどの炎症が起こるケース

上記でも述べた通り、男性用の育毛剤は女性用に比べると化学成分などの濃度が濃く、その分頭皮や髪の毛に強いダメージを与えることに…

普通肌の人でもヒリヒリ感を感じるなんてことも少なくありません。

それを敏感肌、アトピー、乾燥肌の人が使用するとどうなるか。

痒み、赤み、ヒリヒリ感、かぶれといった皮膚の炎症が起こる可能性もあります…!

妊娠中の女性も要注意

男性用育毛剤には、ホルモンに影響を与える成分が多く含まれているため、妊娠中の女性が使用するのは特に注意しなければいけません。

例えばプロペシア(前立腺の働きを抑え、男性ホルモンを低下させるもの)という成分は、母体に浸透し胎児にも作用が働いてしまう危険性があるため、妊娠中の女性が使用するのはNGです。

他にもホルモンに作用する成分は色々とあるので、『知らずに使い続けてしまっていたから大変なことに💦』ということがないよう事前に成分をしっかりと調べておくことが大切です。

というか、やはり女性は女性用の育毛剤を使用するのが間違いがなくおすすめです。

 

まとめ

育毛剤を購入する際は、まずは女性用なのか男性用なのかということをチェックしましょうね。

育毛剤は多くの種類があり選ぶのは簡単ではないですが、おすすめとしては、無添加で生薬配合、さらにアフターフォローがついてるものが良いと思います。

それらの条件を満たす、発毛サロン運営のバイオテックが販売する女性用育毛剤「長春毛精」は、なんと初回限定で1000円で購入ができます。ぜひまずは試してみてはいかがでしょうか?

>>女性用の薬用育毛剤が1000円!長春毛精を公式サイトで購入する

長春毛精

関連記事

市販の女性用育毛剤の選び方

安くて手軽!市販の女性用育毛剤の選び方!チェックすべきポイントとは?

無添加の育毛剤に香りや色が付いている理由とは

無添加の育毛剤で【無香料・無着色】のものにも微かに色や香りが!これってなんで?

無添加の育毛剤を使用することのメリットとは?

無添加の育毛剤を使用することのメリットとは?他の育毛剤との違いもご紹介

育毛剤の成分である酵素・植物エキスに含まれる驚くべき特徴とは?

育毛剤の成分である酵素・植物エキスに含まれる驚くべき特徴とは?

長春毛精