安くて手軽!市販の女性用育毛剤の選び方!チェックすべきポイントとは?

市販の女性用育毛剤の選び方

男性だけでなく、女性にも増えている抜け毛や薄毛。

最も簡単にできる予防・対策として考えられるのが、ドラッグストアなどで購入した市販の育毛剤を使うことではないでしょうか。

ただ、市販の育毛剤といっても商品の種類はたくさんあります。どうやって選ぶのが良いのでしょうか?ポイントをまとめてみました。

また、市販の育毛剤を使うメリットや特徴もあわせてご紹介します!

 

長春毛精

市販で手に入れられる育毛剤のメリット・特徴

価格が安い

市販の医薬部外品の育毛剤は、病院で処方される医薬品の育毛剤や通販限定のものと比べると、なんといっても値段を安く手に入れることができるというのが特徴です。(1000~5000円ほどで購入可

『育毛剤を使うのは初めて。でも、高価なものは手を出しにくい』という方でもTryしやすいのがいいですね◎

手軽に購入できる

今では男性用だけでなく、女性用育毛剤も豊富に取り揃えられ、ドラッグストアやネットでも手軽に手に入れられる時代に。

「毎日多忙でなかなかお店に足を運ぶことができない」という方にはとてもありがたいですよね。

また、『なんとなく恥ずかしくてお店で購入しづらいな』という方は、ネット購入がおすすめ。

Amazonなどでも育毛剤の取り扱いは豊富にあります。実際に使用された方の口コミなども参考にじっくり選ぶことができるため、不安も軽減されるかと思います。

 

選ぶときのチェックポイント

『育毛剤といっても、種類がたくさんありすぎてどれを選んだらいいのか分からない』という人は、まずは以下の点に注目してみてください。

価格 安すぎるのも要注意?

市販のものは安価で手に入れられるため誰でもすぐに購入できるのがメリットです。

が、あまりにも安いものになると、肌に負担が強い成分が多く含まれている場合もあるため注意が必要です。

アルコール(エタノール)の含有量

ほとんどの育毛剤にも含まれているのがアルコール(成分上はエタノールとなっていることが多いはずです)。

女性は男性と比べると肌が敏感であることが多いため、アルコールが多く含まれているものを使用すると、痒み、赤み、かぶれ、ヒリヒリとした痛みなどを感じることがあります。

特にアトピーや乾燥肌でお悩みの人には刺激が強すぎて、余計に肌が荒れてしまうなんてことも。

なるべくアルコール量が少ないものを選びましょう。

エイジング効果があるかどうか

更に注目しておきたいのが、エイジング効果の有無。

生き生きとした健康な頭皮・髪の毛を手に入れるためにも、スカルプケア&ヘアケアを同時に行えるものが◎

エイジング効果のある育毛剤は、抗酸化作用が高く頭皮だけでなく髪の毛にもハリ・ツヤ・コシを与えてくれる優れもの。

頭部にハリが出てくると…なんと、顔のたるみが改善されるというメリットも✨

薬剤師に相談&口コミをチェック

万が一肌に合わなかったとき、効果に満足できなかった場合などのためにアフターフォローがあればBestなのですが、残念ながら市販の育毛剤にはそれがありません。

『もし肌に合わなかったら…』と考えると不安ですよね。

なので、少しでもトラブルを避けるため、実際に使用されている方の口コミを参考にしつついくつか目星をつけておきましょう。

あとは、気になる点も含め薬剤師に相談をし決めるのがベター

購入後、商品を使用してみて万が一何かトラブルがあったとしてもすぐに電話相談することも可能なので、安心ですね。

 

本格的な薬用育毛剤を、市販並みに安く買う方法

基本的に通販で購入する本格的な薬用育毛剤は、価格が高くなることが多いです。

ただ、発毛サロンバイオテックが販売する「長春毛精」という女性用育毛剤は、初回限定でなんと1000円で購入が可能!

これは、市販の育毛剤と比べてもかなりお得な値段です。

しかも安かろう・悪かろうではなく、和漢の生薬を配合した通常約6000円の本格的な育毛剤です。

髪の毛が気になっている女性は、まず使ってみて損はないはずですよ。

>>女性用の薬用育毛剤が1000円!長春毛精を公式サイトで購入する

長春毛精

関連記事

女性用・男性用の育毛剤の違いや特徴は?

女性用・男性用の育毛剤の違いって?特徴や選ぶ際の注意点とは!?

無添加の育毛剤に香りや色が付いている理由とは

無添加の育毛剤で【無香料・無着色】のものにも微かに色や香りが!これってなんで?

育毛剤の成分である酵素・植物エキスに含まれる驚くべき特徴とは?

育毛剤の成分である酵素・植物エキスに含まれる驚くべき特徴とは?

無添加の育毛剤を使用することのメリットとは?

無添加の育毛剤を使用することのメリットとは?他の育毛剤との違いもご紹介

長春毛精